ホムペバナーAB.png
※写真は佛山本部です

当会の詠春拳流派
【佛山系衡祥咏春】

佛山詠春系譜図R.jpg

当会の詠春拳は中国佛山系です。直接の所属系譜は【姚才】師祖からの嫡流・衡祥咏春となります。

コーチ(教錬)の榊原直人は、師兄(兄弟子)の馮仲偉を師父として擁立し、当会は师公・简志祥より正式に日本の嫡流として認定されました。

 

※上記の図は佛山本部師父作製。この図は当会に至るまでの流源をわかりやすく示したものであり、記載の各師父には当会のような嫡流が多々あります。また実際にはかなりの数の嫡流がそれぞれの流派から多岐に枝割れしております。

嫡流とは技術や体力だけでなく、性格や人間性、信頼関係などで認定されるものであり、とりわけ佛山詠春ではこの点は商業的な割り切りは行っておりません。

一般的にネットの動画やウェブサイトで見られる詠春拳のほとんどが香港に源流を置く流派で、当会佛山系とは異なりますので、その点をあらかじめご留意ください。

1.jpg

佛山系詠春拳は海外にも多く支流や支部がありますが、日本では当会が初の佛山詠春嫡流となります。

他流派とは小念头(小念頭)などの套路の細かい手の動きや手(サオ)の呼び方、使い方、意味づけも微妙に異なります。

また当流派の衡祥咏春系は一部、白眉拳の影響を受けた動きもあります。


佛山本部师公:简志祥(佛山)

佛山本部指導师兄: 馮仲偉(佛山)

メインコーチ: 榊原直人(静岡)

サブコーチ: 國持照悟(静岡)